生産技術課は、こんな仕事をしています

工場の機械設備を維持管理をする仕事しています。
工場には様々な設備があり、停止させないための保守保全作業を行ったり、工場全体を動かしているユーティリティー(水道、電気、蒸気、エアー、排水処理)の管理をおこなっています。私が仕事をする際に考えている事は「お客様に安全安心な商品をお届けすること」です。私たちは、生産設備のメンテナンスをして、故障やトラブル時は即座に対応、処置を行ない、安定して商品を生産できるようにして、お客様の気持ちを考えながら業務に取り組んでいます。

1日のスケジュール

8:00出社

朝礼を行ない、所属部署のメンバーと一日のスケジュールの共有を行ないます。

9:00現場巡回

加工場内、外周設備の巡回を行ない、設備が正常に動いているか確認を行います。

12:00休憩

15:00設備メンテナンス

設備のメンテナンスや部品の交換を行います。

17:00退社

整理整頓、清掃、一日の振り返りを行い、退社します。

研修で得た技術と人との繋がりが財産となりました

私は、入社4年目に生産技術課へ異動しました。その際、キユーピーグループ内の工場で約1年間研修する機会を得ました。生産技術の知識もなく、他の工場で研修することは不安でしたが、研修先の皆さんがとても親切ですぐに打ち解ける事ができました。研修中は加工技術、機械のメンテナンス方法や設備の安全対策などたくさんの知識や技術を学びました。
技術だけでなく、研修先の皆さんと過ごした時間が大きな財産になりました。今でも、この研修で得た繋がりを大事にして仕事に取り組んでいます。

私が光和デリカを志望した理由

私は、就職活動中に光和デリカのホームページを見つけ、キユーピーグループの会社であることを知りました。家庭用から業務用まで幅広い商品があり、アンチョビーフィレー、うずら卵の水煮などの特色ある商品を製造していることを知り、とても興味を持ちました。 工場見学をした際、皆さんがとても明るい挨拶をしてくれたり、工場内が綺麗でとても雰囲気の良い職場だと感じ、私も光和デリカで働いて「食」に携わりたいと思いました。現在私は、生産技術課に所属しており、設備導入やメンテナンス、改善などをしています。働いている中で壁にぶつかり、悩んだりすることも多いですが、同期や先輩、上司の皆さんに助けてもらい、ステップアップできていると感じております。このような環境で働けて毎日幸せに感じています。

今後の課題

決まった作業をするだけでなく、自分で問題を発見して、解決できるようになり、仲間に頼られる人材になりたいと思っています。そのために得意な分野を身につけたいと思っています。例えば、電気の知識です。電気は設備の動力源で電気系統に何か問題が発生すると設備は止まってしまい、生産効率を大きく低下させる要因となります。電気の知識を身につけ、異常の起きない・止まらない設備にしたいと思っています。得た知識を仲間と共有し、誰もがメンテナンスできる環境をつくりたいと思っています。

学生へのメッセージ

就職活動は、自分自身と向き合える大切な期間だと思います。その時期に自己分析を行い、自分は何が苦手で、何が得意なのかを知り、自分がどんな仕事に就きたいのか考えることが大事です。どういう人たちと仕事がしたいか、どういう会社で働き、将来どのような人材になりたいか、未来の自分を浮かべる事も大事なことだと思います。これから、企業説明会や面接を通して、多くの人と接します。まずは元気に明るく、挨拶をすることを大切にしてください。挨拶をすれば人とのコミュニケーションが自然に取れるようになります。就職活動頑張ってください。光和デリカで一緒に働ける日を心待ちにしてます。

別のインタビューを読む